社会福祉法人 札幌緑花会

札幌地区 緑ヶ丘療育園

ホームへ戻る

療養介護・医療型障害児入所施設 緑ヶ丘療育園

緑ヶ丘療育園ーてんかん外来 担当医師紹介

担当医師:

皆川 公夫(みながわ きみお)

経歴:

慶應義塾大学医学部卒
北里大学医学部小児科講師
北海道立小児総合保健センター内科部長
札幌医科大学医学部小児科准教授
北海道立子ども総合医療・療育センター内科部長・医療安全推進室長

現職:

2013年4月 社会福祉法人札幌緑花会 緑ヶ丘療育園 院長 就任
2015年4月 北海道科学大学 保健医療学部理学療法学科 非常勤講師 兼務

学会・資格:

医学博士
日本小児科学会認定小児科専門医
日本小児神経学会認定小児神経専門医
日本てんかん学会認定てんかん専門医
日本てんかん学会認定てんかん専門医指導医
VNS(迷走神経刺激)資格認定医
ITB(髄腔内バクロフェン療法)専門医
身体障害者福祉法による指定医師
産科医療補償制度診断協力医
日本医師会認定産業医

業績(2013年4月以降):

講演
・UCBジャパン社内勉強会:イーケプラ治療経験のまとめ(2013.5.13. 札幌)
・小児科医のためのてんかん入門セミナーI:てんかんとは(2013.6.29. 札幌)
・室蘭市医師会学術講演会:小児のてんかん診療Update(2013.8.8. 室蘭)
・新さっぽろ小児科懇話会学術講演会:小児てんかんの治療Update(2013.9.4. 札幌)
・第40回日本てんかん協会全国大会第2分科会:女性のためのてんかん医療の重要性
(2013.10.6. 旭川)
・緑ヶ丘療育園院内講演会:小児のてんかん、重症心身障害児のてんかん
(2013.11.1.緑ヶ丘療育園)
・道東(釧路・根室)てんかんネットワーク講演会:地域におけるてんかん診療の問題
 について(2013.11.8. 釧路)
・道東(釧路・根室)てんかんネットワーク講演会:北海道てんかんネットワークの取
 り組みと道東(釧路・根室・中標津)てんかんネットワーク構築に向けて
 (2013.11.8. 釧路)
・小児科医のためのてんかん入門セミナーII:てんかんの診断と治療
 (2013.11.23. 札幌)
・小児科医のためのてんかん入門セミナーIII:1.けいれん重積治療の臨床と薬理、
 2.各種抗てんかん薬使用上の注意点」(2014.3.1. 札幌)
・室蘭市民セミナー「てんかん」:「てんかんと向き合うために知っておきたいこと
 -最新の治療から診療連携まで-(2014.6.22. 室蘭)
・大倉山学院院内講演会:小児のてんかん(2014.8.26. 大倉山学院)
・日本重症心身障害福祉協会認定看護師教育課程:てんかん-重症心身障害児者のてん
 かん-(2014.9.26. 札幌)
・北海道てんかん診療ネットワーク:小児科てんかん専門医による移行医療(transitional
 medicine)の実際(2014.10.25. 札幌)
・小樽市医師会小児科部会学術講演会:てんかん治療戦略 -Update(2015.2.12. 小樽)
・第57回日本小児神経学会学術集会ランチョンセミナー:小児けいれん重積治療における
 ミダゾラムの臨床と薬理(2015.5.29. 大阪)
・釧路てんかんネットワーク講演会:地域連携とてんかん診療(2015.6.19. 釧路)
・第68回広島てんかん懇話会:抗てんかん薬のpharmacokineticsと臨床(2015.9.12. 広島)
・第3回障がいのある子供のてんかんを考える会:重症心身障害児・者の抗てんかん薬治療
 に伴う問題点(2015.11.11. 名古屋)
・市民公開講座「正しく知りたい、てんかんという病気」:こどものてんかん入門-基礎知
 識と薬物治療を中心に-.(2015.11.29. 札幌)
・エーザイ株式会社MR研修会:てんかんの診断とてんかん発作、抗てんかん薬使用上の注意
 点(2016.2.19. 札幌)
・第30回日本小児救急医学会学術集会ランチョンセミナー:小児けいれん重積治療におけるミ
 ダゾラムの臨床と薬理(2016.7.2. 仙台)
・第16回北海道北里医学会学術講演会:小児てんかん診療最前線-症例を交えて-
 (2016.8.27. 札幌)
・第一三共株式会社社内研修会:抗てんかん薬の使いこなし方(2017.2.6. 札幌)
・札幌地区重症心身障害児(者)を守る会介護支援研修会:抗てんかん薬の調整と副作用
 (2017.2.19. 緑ヶ丘療育園)
・第3回日本重症心身障害福祉協会認定看護師教育課程:てんかん(2017.6.9. 札幌)

座談会
・てんかん重積状態に対する治療の新たな選択肢(2015.7.17. 東京)

座長
・札幌市小児科医会学術講演会講演I:薬剤性カルニチン欠乏症について(2013.7.24.札幌)
・札幌市小児科医会学術講演会講演II:小児てんかん薬物治療の最新動向(2013.7.24.札幌)
・第5回札幌てんかん薬物治療懇話会特別講演:小児てんかんの薬物療法-Levetiracetam
 併用療法を中心に-(2013.8.3. 札幌)
・イーケプラ小児適応追加記念北海道講演会:神経生物学の進歩と小児期発症てんかんに対
 する合理的治療戦略(2013.9.21. 札幌)
・第40回日本てんかん協会全国大会第2分科会:てんかんをもって生きる女性のための臨床
 がなぜ重要なのか(2013.10.6. 旭川)
・第47回日本てんかん学会一般演題(口演):薬物療法2(2013.10.11. 北九州)
・重症心身障害児(者)のトータルサポートを考える会特別講演:カルニチン欠乏
 (2013.11.22.札幌)
・第2回北海道重症心身障害医療講演会てんかん講演:てんかん治療の最新動向
 (2014.1.18. 札幌)
・第6回札幌てんかん薬物治療懇話会一般講演:Levetiracetamの治療成績(2014.2.1. 札幌)
・第6回札幌てんかん薬物治療懇話会特別講演:小児てんかん患者に対する新規抗てんか
 ん薬の最新の話題(2014.2.1. 札幌)
・院内講演会:BH4欠損症(2014.4.23.緑ヶ丘療育園)
・第7回札幌てんかん薬物治療懇話会講演:レベチラセタムの使用経験(2014.8.30. 札幌)
・小児科医のための脳波入門セミナー(基礎編)(2014.10.25. 札幌)
・札幌市小児科医会学術講演会講演I:小児てんかん患者に対する新規抗てんかん薬の最新の
 話題(2014.11.15. 札幌)
・札幌市小児科医会学術講演会講演II:熱性けいれん診療ガイドラインについて
 (2014.11.15. 札幌)
・第8回札幌てんかん薬物治療懇話会講演:当院におけるレベチラセタムの使用成績
 (2015.2.28. 札幌)
・小児科医のための脳波入門セミナー(臨床編)(2015.4.11. 札幌)
・第9回札幌てんかん薬物治療懇話会講演:NICUにおける脳機能モニタリング-低体温療法
 を中心に-(2015.8.8. 札幌)
・札幌市小児科医会研究会講演:小児在宅医療の制度と診療報酬について(2015.8.29. 札幌)
・札幌市小児科医会研究会講演:札幌市の小児在宅医療(2015.8.29. 札幌)
・第10回札幌てんかん薬物治療懇話会特別講演:新規抗てんかん薬の使い分けと血中濃度測定
 の有用性(2016.3.5. 札幌)
・第42回日本重症心身障害学会一般演題(口演):てんかん・神経疾患・内分泌・代謝関連
 (2016.9.16. 札幌)
・第42回日本重症心身障害学会ランチョンセミナー3:難治てんかんの新たな治療について
 (2016.9.17. 札幌)
・カルニチン・カンファレンス 2016:プロピオン酸血症におけるカルニチンの効果について
 (2016.12.3. 札幌)
・カルニチン・カンファレンス 2016:当科におけるカルニチン濃度の実態(2016.12.3. 札幌)

発表
・第55回日本小児神経学会学術集会:Lamotrigineの適正投与量設定におけるlamotrigine
 血中濃度測定の重要性」(2013.5.31. 大分)
・第55回日本小児神経学会学術集会:新規抗てんかん薬の7歳未満のてんかん患者における
 効果と副作用(共同演者)(2013.5.31. 大分)
・第55回日本小児神経学会学術集会:乳児期早期に上衣下巨細胞性星細胞腫を認めた2例
 (共同演者)(2013.5.31. 大分)
・日本小児科学会北海道地方会第287回例会:PHACE症候群の1例(共同演者)
 (2013.6.23. 旭川)
・日本てんかん学会第12回北海道地方会:レベチラセタム初回量投与直後から発作が完全
 消失し、1~2週間のハネムーン現象を認めた難治性てんかんの3例(2013.9.7. 札幌)
・日本てんかん学会第12回北海道地方会:てんかんと鑑別を要した軽症自己免疫介在性脳
 炎の一男児例(共同演者)(2013.9.7. 札幌)
・第47回日本てんかん学会:Everolimusで治療した乳児期早期上衣下巨細胞性星細胞腫の
 1例(共同演者)(2013.10.11. 北九州)
・第47回日本てんかん学会:レベチラセタムの効果に影響を与える因子の検討(共同演者)
 (2013.10.12. 北九州)
・日本てんかん学会第13回北海道地方会:Lennox-Gastaut症候群5例に対するRufinamideの
 短期使用経験(2014.2.15. 札幌)
・日本てんかん学会第13回北海道地方会:Sturge-Weber症候群の難治性てんかんに対する
 手術療法~その時期について(共同演者)(2014.2.15. 札幌)
・第23回小児神経学会北海道地方会:CASK異常症の2例(共同演者)(2014.3.15.札幌)
・第56回日本小児神経学会学術集会:重症心身障害児の痙縮に対してITB療法(バクロフェン
 髄注療法)を施行した3例-テスト髄注の重要性について-(共同演者)
 (2014.5.29-31.浜松)
・第56回日本小児神経学会学術集:Lennox-Gastaut症候群におけるRufinamideの短期有効性・
 安全性についての検討(共同演者)(2014.5.29-31.浜松)
・第48回日本てんかん学会学術集会:症候性全般てんかんにおけるrufinamideの内服開始後
 の月数毎の効果(共同演者)(2014.10.2-3. 東京)
・日本小児科学会北海道地方会第292回例会:小児交互性片麻痺の1例(共同演者)
 (2015.2.22. 札幌)
・第25回小児神経学会北海道地方会テトラヒドロビオプテリン(BH4)欠損症の2例
 (共同演者)(2015.3.14.札幌)
・日本てんかん学会第20回北海道地方会:難治性の複雑部分発作に対してラコサミドが有効で
 あった症候性局在関連性てんかんの1成人例(2017.9.9. 札幌)

論文
・皆川公夫、他.バルプロ酸関連多嚢胞性卵巣症候群に関する検討(第二報).てんかんをめ
 ぐって 2012;31:63-72
・越智さと子、渡邊年秀、皆川公夫. 小児水頭症とてんかん―脳波覚醒時周波数解析、MEG
 による機能評価の試み―.てんかんをめぐって 2012;31:78-88
・皆川公夫、他.Valproate sodium投与中に発症した多嚢胞性卵巣症候群20例の特徴に関する
 検討.脳と発達 2013;45:304-308.
・皆川公夫、他.レベチラセタム初回量服用直後から発作が完全消失し、1~2週間のハネ
 ムーン期間を認めた難治性てんかんの3例.てんかんをめぐって 2013;32:72-76.
・渡邊年秀、大柳玲嬉、皆川公夫、他.当科における小児難治性てんかんに対するケトン食
 療法の経験.てんかんをめぐって 2013;32:35-41.
・福村 忍、渡邊年秀、皆川公夫.ACTH治療中にepileptic spasmsが入眠期ミオクローヌス
 に変容した2例.てんかんをめぐって 2013;32:67-71.
・Fukumura S, Watanabe T, Takayama R, Minagawa K, et al. Everolimus treatment for
 an early infantile subependymal giant cell astrocytoma with tuberous sclerosis
 complex. J Child Neurol published online 19 August 2014. doi: 10.1177
 /0883073814544703.
・皆川公夫、他.Lamotrigineの適正投与量設定におけるlamotrigine血中濃度測定の重要性.
 脳と発達 2014;46:345-349.
・皆川公夫.小児のてんかん診療Update.室医会報 学術特集号 2014;16:87-89
・Fukumura S, Ohba C, Watanabe T, Minagawa K, et al. Compound heterozygous GFM2
 mutations with Leigh syndrome complicated by arthrogryposis multiplex congenita.
 J Hum Genet advance online publication, 28 May 2015; doi:10.1038/jhg.2015.57.
・皆川公夫.特集てんかん:乳児良性ミオクロニーてんかん.小児内科 2015;47:1566-1570.
・皆川公夫、他.特別企画:てんかん重積状態に対する新たな治療選択肢.Medical Tribune
 2015;48:43,16-17.
・皆川公夫、他.Lennox-Gastaut症候群5例に対するrufinamideの短期使用経験.てんかんを
 めぐって 2014;33:38-42.
・皆川公夫.小児の症候群:母斑性基底細胞がん症候群(Gorlin症候群).小児科診療増刊号
 2016;79 Suppl :198.
・皆川公夫.小児の症候群:ダンピング症候群.小児科診療増刊号 2016;79 Suppl : 217.
・越智さと子、皆川公夫、他.難治性てんかんへの迷走神経刺激療法(VNS)治療効果の分析
 第一報.てんかんをめぐって 2015;34:17-26.
・高山留美子、福村 忍、皆川公夫、他.Lennox-Gastaut症候群におけるrufinamideの短期
 有効性と安全性に関する検討.脳と発達 2016;48:332-336.

著書
・「てんかん」入門シリーズ5 すべてわかる こどものてんかん(2014年6月20日 初版発行).
 監修・執筆 皆川公夫、編者 公益社団法人 日本てんかん協会、発行所 株式会社クリエイツ
 かもがわ

Topへ戻る

療養介護・医療型障害児入所施設 緑ヶ丘療育園
〒063-0003 北海道札幌市西区山の手3条12丁目3番12号
TEL.011-611-9301 FAX.011-621-7404
E-mail.midori@ryokkakai.or.jp